──改めてお聞きしたいのですが、2つのプロジェクトを同時に進行しようと思った理由は何だったのでしょう?
Soan:曲を含め、人と人との相乗効果を求めたくて動かしたんですよね。そもそも、Soanプロジェクトをやろうと思ったときに、静と動という2つのコンセプトが生まれたんです。静の部分を担っている手鞠くんは、amber gris以前から知っていたので、手鞠くんの素材をそのまま活かしていきたいという気持ちが強かったんです。その上で、手鞠くんと俺自身の挑戦、俺で言うならピアノの部分などを出していけたらなと思ったんです。かたや、芥はChantyのライヴを観に行って衝撃を受けて、そのときに一緒にやりたいって直感で思ったんです。あとは、プロジェクトだから何でもありだろうという想いから、現役のバンドで活動している芥に声を掛けたんですけど、Chantyの芥として存在している以上、Chantyとはまったく違うもの、もう1人の芥を作り出すことによって、別の世界に持っていきたかったし、こういう面もあるんだっていうのを見てもらいたかったんですよね。それにより、母体であるChantyもすごく良いバンドだよねって思ってもえたらいいなって。
──どちらのプロジェクトも、それぞれの良さが出ていると思います。でも、最初からそこを見極めていたSoanさんはさすがだなぁと。
Soan:それは本当に直感なんですよね。2人とも良いヴォーカリストだなって単純に思ったので、俺だったらどういう風に手鞠くんと芥をプロデュースするんだろうって考えたときに、こういう風にやってみたいなぁと思ったんです。
──素材が良いからこそ、調理のし甲斐があるといったところでしょうか?
Soan:はい。もともとは、そうですね。
芥:ありがたいことです。
──自分のバンドメンバー以外から、ここまで評価をもらえることって過去にありましたか?
芥:僕は評価をあまり聞きたがらないんですよ。どちらかというと、そういうことから逃げ続けてきたので。
Soan:あはは、珍しいね(笑)。
芥:良いにしろ、ダメにしろ、言われてしまうと自分が良くない方向に進んでいきそうなので(笑)。
──人間誰しも、ダメなところを挙げられると傷付くと思うのですが、良いところを言われても嫌ですか?
芥:怖いんですよね。良いところを聞けば聞くほど、本当かよ?って思ってしまうタイプなので。
──疑心暗鬼。
芥:そうなんです。自分の思う像というのがまだ先にあるんじゃないかと感じるところもあって。理想が高い分、そう思ってしまうのかなぁと。
──表現者として理想が高いのは素晴らしいことだと思います。
芥:気分屋なので、その時々で性格がコロコロ変わってしまうんですよね。なので、褒められると逃げたくなってしまうんだと思います。
──性格が変わるという点からも、違う一面を引き出したいというSoanさんの想いは大正解でしたね。
Soan:それで楽しんでもらえるのなら、嬉しいです。
芥:やってみたいことって色々とあるじゃないですか。別に芯がないというわけではないんですけど、見てすぐにやってみたいと思うこともあるし。なので、このプロジェクトを始めて1年が過ぎるんですけど、ここでの表現というのは自分の歴史上になかったことなので、こういうものにどっぷりと浸からせてもらうきかっけになったというのは、単純にヴォーカリストとして得なことができているなと感じますね。
──それにしても、バンドをやりながら別のプロジェクトを同時にスタートさせるというのは、至難の業でもあったとは思いますが?
芥:あぁ、そうですよね。でも、周りのこととか抜きに、自分自身がやりたいなと思ったんですよね。それに、うちのメンバーも割と「行ってこい!」と言ってくれたというのもあって、それなら難しいことは考えずにやってみるかなと。それこそ、海外だと1人のミュージシャンがいくつも掛け持ちして活動しているじゃないですか。だから、バンドとプロジェクトを同時にやるのもそこまで変なことではないかなって。
──言われてみれば、たしかに。
芥:だからといって、もともとやっているものをないがしろにしたいわけではなくて。だからこそ、抵抗なくプロジェクトにも参加できているんだと思います。
──芥さんの考えも良いですが、Chantyのメンバーの「行ってこい!」という送り出し方もかっこいいですね。
芥:割と塩対応でしたよ(笑)。
Soan:塩って(笑)。でも、芥のことを理解しているからこそ、そう言えるんだよね。探求心があるヴォーカリストだというのをChantyのメンバーはわかっている。
──あとは自信もあるのではないでしょうか。Chantyがかっこいいから芥さんのことも張り切って外に出せるという。
Soan:間違いないと思います。
芥:あぁ、それはあるかもしれないですね。プロジェクトに参加したからといって、僕たちが崩れることはないという口ぶりでしたから(笑)。
Soan:良いメンバーだね。
──Chantyに負けず劣らず、本プロジェクトは楽曲も良いですからね。
Soan:俺は純粋にChantyの音楽が好きなので、それと同じことをやっても面白くないなと思ったんです。もしも同じことをやったとしたら、それはChantyでいいよねってなるじゃないですか。だから、手鞠くんとのプロジェクト同様に、人の心や感情をそのまま音像に変えるということを意識して作業しているので、芥とのプロジェクトでは、動として人間の感情を歌で表現してもらえたらなと思ったんです。
──こちらでは、動を謳っているだけに、それぞれの曲で良い躍動感が出ています。やはり、ライヴを大事にしているだけありますね?
芥:やっぱりライヴは良いですよね。普段生きていて体を解放できるときってあまりないじゃないですか。でも、ライヴって自分を開放できる場だと思うから楽しいですよね。例えると、抜刀できるというか。
Soan:勢いでね(笑)。
芥:今は刀をしまっている状態ですけど(笑)。
──本プロジェクトも参加メンバーは豪華ですよね?
Soan:そうですね。動というプロジェクトを考えたときに、超攻撃型ヴィジュアル系ロックバンドっていうのが大枠にあって。
──そこの点で、へたしたらぶつかってしまうかもしれないという懸念はありましたか?
Soan:いえ。むしろ、その方がステージに立ったときに化学反応が起きると思ったんです。
──なるほど。芥さんは他のメンバーとは以前から交流はあったのですか?
芥:ほとんどないですね。Soanさんですら、そこまで交流がなかったので。
Soan:言われてみれば、芥と飲んだのって1回だけだもんね。
芥:よくよく考えたら、初対面のときってどんな感じだったか思い出せないんですよ(笑)。ただ、Soanさんって僕の中では偉大な先輩なので、ChantyがMoranと対バンしたときにまず思ったのは、独特の集中力を持った人だなぁって。だから、入り込みにくかったというのはありますね。
──パートも違いますからね。
芥:そうなんですよ。多少怖くはあったんですけど、実際に話してみるとそんなことは全くなく。今思えば、当時入り込みにくいほどの集中力を出していたのは、ライヴ前だったから緊張していただけだったんだろうなぁって(笑)。なので、頼りがいがありながらも可愛らしく見えるとこがある人ですね。
Soan:あら(笑)。
──芥さんはライヴ前には緊張はしないのですか?
芥:僕は緊張しますね。してますよね?
Soan:していると思うけど、顔にはあんまり出ないかな。
芥:だったら良かったです。
Soan:ステージに出る前はメンバーみんなで、じゃあよろしくって声掛けをしてから行くんですよ。気合い入れと呼べるほどではないかもしれないけど、それが俺たちの中では気合い入れですね(笑)。
芥:そしてステージに行くと豹変するという。このプロジェクトって、みんなおっとりした性格なんですけど、ライヴが始まると火が付くんですよね。
Soan:それは、本プロジェクトの方が当てはまるかも。楽屋ではホワホワしているんだけど、Shunちゃんを始め、KもIvyもステージに上がった瞬間にオンになる。
芥:Soanさんのバースデーにライヴをやったときも、3曲目ですでにラストに近い空気感にはなってましたよね。みんな飛ばしすぎてすごいことになっているという(笑)。
Soan:メンバーそれぞれに経験値が高いので、ステージに上がるからには、という表現方法を持ってきてくれるんですよね。それは手鞠くんとのプロジェクトにも言えることだけど、ただ演奏がうまい、歌がうまいというだけでは嫌だったので、Soanプロジェクトを通して個の力が発揮できていることは嬉しいですよね。
──だからこそ、進化しているんですね。
Soan:芥に関しては、動の在り方が完璧に掌握できていると思います。動けばいい、激しければ動ですというのではなく、芥が凛とした立ち振るまいで、自分の書いた歌詞を歌い上げることも動の1つだと思うし、自分の感情を歌に乗せて吐き出すのも動の1つだし。それを、ここ1年のステージから感じています。
──その上で聞きたいのですが、芥さんから見た手鞠さんというのはライバルとして映っているのでしょうか?
Soan:あぁ、それはどうなの。
芥:ライバルとはまた違うんですよね。何ていったらいいんだろう。
Soan:俺から見ると、双子かなって。
手鞠:うん。
芥:あっ、入ってきた(笑)。
手鞠:つい(笑)。でも、難しい関係ですよね。
Soan:2人は同じフィールドにはいないように見えるよ。そこは、俺を挟むことによってそう見えるのかもしれないけど、芥は芥の世界があって、手鞠くんには手鞠くんの世界があるというか。
芥:パラレルワールドですよね。別次元にいるんだけど、感覚的に知っている人って感じがあるんですよ。
手鞠:そう、感覚的に。もちろん、お互いに歌詞の書き方は違うけれど、芥くんにはシンパシーを感じると共に、Chantyを見ていると昔の自分たちを重ねてしまうんです。素直なところは強みでもあるけれど、時としてそれが弱さにもなってしまうと思っていて。けど、僕らができなかったことをChantyならできると感じているんです。
Soan:現役で高みを目指すということは本当に難しいと思うんですよ。バンドとしてのバランスを保ちながらシーンを切り裂いていかなくてはいけない。しかも、芥はヴォーカリストだから。その難しさというのはRuvieやamber grisで活動してきた手鞠くんならよくわかると思うんですよね。それだけに、このプロジェクトを通してシーンに提示していきたいものは絶対にあって。
──というからには、長く続けていただけるんですね?
Soan:メンバーそれぞれに他でも活動していますから、事情を考えて、となると期間はいつまでになるかなぁと思ったこともあったんですけど、プロジェクトの基本理念としては、終わりを作らないということ。今はもう、何だかんだライヴの日程もちょこちょこ増えているので(笑)、別に終わりは設けなくてもいいかなって思っています。
(Interview:ERI MIZUATNI)